×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東北おすすめの  (8温泉)


  冷鉱泉とは

 湯温が25℃未満のものを一般的に冷鉱泉と呼ぶ。「一定量以上の温泉成分が含まれる」という温泉本来の基準をクリアしていながら温度が低いためにこちらに分けられているものが殆どだ。加温が必要なため油代などの面から維持管理が難しく,加温と同時にそのまま循環利用しているところが多い。
 東北地方では三陸海岸など火山活動がほぼ休止中の太平洋側沿岸地方に多く見られる泉質。 


福島浜通りの鉱泉(福島県浜通り地方)驚異のヌルツルかけ流し優良鉱泉宿

久の浜鉱泉 たきた館 いわき市北部、広野町との境目にある久ノ浜地区にある鉱泉宿。シルクのような肌触りのヌルツル鉱泉。今まで出会った中では最高峰の鉱泉宿。
折木鉱泉 つるや旅館 双葉郡広野町にある炭酸イオン67mgのヌルツル鉱泉宿。源泉を自在に継ぎ足すことができ、前身うなぎ人間になることができる。かけ流しで利用している。
       

田村郡の鉱泉(福島県田村郡)個性的な鉱泉が並ぶエリア

美山富士温泉 丸一魚店 田村市の旧船引町にある魚屋さんで解放している湯小屋。少しだけ笹濁りした独特の鉱泉で,加温かけ流し利用している。
聖石温泉 村越精肉店 田村市の旧船引町にある肉屋さんで解放している湯小屋。恵の湯という。金気臭がプンプンするオレンジ色のお湯を加熱循環利用している。
       

湯野沢温泉(山形県村山市)加温浴槽と源泉槽が並ぶ山奥のナイスな湯治場(正式には温泉です)

湯野沢温泉 冨本館 白鳥地区の山奥にある一軒宿。どうみても民家。浴室はアコーディオンカーテンで仕切る混浴浴槽。2つ並ぶ浴槽の片方が加温,片方が源泉。∞ループできます。
       

小本温泉(岩手県岩泉町)国道沿いにポツンと建つ演歌が流れる硫黄塩化物泉

小本温泉 黄金八大龍王の湯 源泉投入口には硫黄分がこびりつく。源泉槽もさることながら,もう1本ある温めの重曹泉も良い。ここは三陸で一番オススメです。

湯の田温泉(山形県遊佐町)日本海に面した素朴な2軒の鉱泉宿。間近に迫る日本海です  

湯の田温泉 のとや旅館 コンクリート湯小屋は日本海の波しぶきにもまれ,渋い佇まいになっている。お湯もそのままを保った加熱鉱泉。独特な香り,透き通るお湯。最高です。

丹生鉱泉(山形県鶴岡市)湯殿山神社の大鳥居横にある御神湯。酸っぱい冷鉱泉。  

丹生鉱泉 湯殿山参篭所 一泊二食付き7650円で宿泊も可能。御神湯につき髪や体を洗ったりすることは不可だが,お湯の良さは抜群。酸性の冷鉱泉。

七時雨冷泉(岩手県八幡平市)うっすら白濁した硫黄鉱泉を熱蒸気で温める  

七時雨冷泉 老人憩いの家流霞荘 公共の福祉施設で宿泊も可能。硫黄鉱泉を蒸気で温めるため,温泉成分をそのまま味わうことができる。硫黄臭がすばらしい施設。

畑之沢鉱泉(岩手県一関市)地元民手作りの素朴なプレハブ共同浴場 

畑之沢鉱泉 たまご湯 一関千厩地区にある素朴なプレハブ共同浴場。田んぼの脇から湧いている硫黄分がある鉱泉を湧かして提供している。全て手作り。味わいが深いです。