赤湯温泉(Akayu Spa   


施設名 公衆浴場 えぼし湯
場 所 山形県南陽市赤湯町
源泉名 烏帽子源泉
泉 質

アルカリ性単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

温 度 48.2℃ pH 8.8 溶存成分総計 428mg/kg
お湯の様子 無色透明,温泉臭,無味,加水あり,適温,かけ流し
料 金 100円 営業時間 6:00〜22:00(冬期間〜21:30:金曜定休)

 赤湯温泉街の奥にある地元民で賑わう公衆浴場。あずま湯から真っ直ぐ宮内方面を目指し,2つ目の信号を右折,そこから1つめの交差点を左折するとある。住宅街の中にあり,表からでも裏からでも入れる。浴槽の形からその名前が付けられたらしい。

 ここは独自源泉を利用しており,男女別の内湯が1つずつある。泉質も赤湯で一般的な森の山源泉と違い,無色透明でうっすら温泉臭が香る単純泉。そのお湯がアメーバ型の浴槽 (烏帽子の形らしいが見えない)になみなみと注がれる。適温に調整されており,地元の人たちに合わせたお湯となっている。熱湯が好きな人は大湯やあずま湯のほうがいいかもしれないが,赤湯の独自源泉は貴重なため 源泉コンプリートのために一度は訪れて欲しい。

H16/8/16



アメーバ型の浴槽にお湯がなみなみと注がれる。