×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

塩釜温泉(Shiogama Spa


施設名 橋本屋旅館

場 所 栃木県那須塩原市塩原
源泉名 塩原温泉(塩釜区左岸)
泉 質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩塩泉
温 度 68.9℃ pH 6.2 溶存成分総計 1,485mg/kg

(Na 306mg, Cl 337mg, SO4 288mg)

お湯の様子 無色透明,微塩味,ふんわり温泉臭,やや熱め,かけ流し
料 金 日帰り不可 営業時間

 塩原山荘の後に、小さめの旅館がないかふらふら探し回っていたところで目に入ってきたのがこの橋本屋旅館だ。車を停めて受付まで行き、日帰り入浴はできそうか尋ねてみると「うちはそういうのはちょっと。」と難色を示した。しかもこれから団体客が入ってくるらしい。残念そうにしていると「どこからきたの?」と言われ、今朝青森を発って来ました。と答えるとびっくりし、どうせだから入っていって!ということになり、利用させてもらえることになった。実にありがたい話だ。正面の階段を下った先にもう一つ浴室があり、自慢の露天風呂もあるようだが、宿泊客が利用しているため、入り口横の中浴場だけの利用をさせていただいた。

 入り口のすぐ横にある浴室は、貸切家族風呂としても利用できるようになっていて、特に男女という決まりはない。狭めの脱衣所の奥に、明るいタイル浴槽が1つあるシンプルな内湯だ。浴槽の形が矢印のように不思議に角がついており、床にドバドバとお湯が溢れているのが見える。見た目にもこれは豪快だ。窓の外には箒川が流れているのが見え、石湯口から注がれるお湯の向こうに景色を眺めることもできる。無色透明なお湯はやわらかめで適温。やさしい感じがするお湯だ。溢れ方が半端なく、どんどんかけ流されていくのがわかる。無理を言って入れてもらったんだからあまり長い時間は滞在できない!と思っていながらも、何度も浸かっては上がり、また浸かりを繰り返し、30分以上滞在してしまった。これは気持ち良いです。

 湯上がりに冷たい水を頂き、宿の方にお礼を言って旅館を後にした。塩原温泉2湯めにしてもう大満足です。

H27/12/19


  
入り口すぐ右側にある中浴場。宿泊すると貸切利用も可能になる。    湯口から注がれるやや熱めでムンムンとする源泉。   オーバーフローが美しいです。