×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

畑下温泉(Hataori Spa


施設名 はとや旅館
場 所 栃木県那須塩原市下塩原
源泉名 畑下源泉
泉 質 ナトリウム-塩化物泉
温 度 77.0℃ pH 6.3 溶存成分総計 2,753mg/kg
(Na 625mg, Ca 119mg, Cl 897mg, SO4 267mg, HCO3 291mg)
お湯の様子 薄黄色透明,海臭,うっすら塩味,適温,かけ流し
料 金 500円 営業時間 8:00〜18:00 要相談

 国道400号線から川の方へ下っていくと普通の民家と温泉旅館が共存しているゾーンがある。土産物屋や飲食店街などが無く,静かな佇まいが並ぶこの温泉街が畑下温泉だ。国道からの道を降りていった2番目の角にある旅館がはとや旅館。ここの源泉はどうやら傷に効くらしく,その効果からかなりの湯治客が訪れるらしい。

 入口から入って左方向へ道なりに廊下を進むと男女別の内湯が1つずつある。明るい雰囲気の浴室で,ベージュ色のタイル張りの浴室だ。浴槽もタイル張りで光の加減からお湯が黄色い色に見える。湯口には温泉成分が付着し,熱い源泉を冷ますためにちょろちょろとだけお湯が注がれかけ流されている。湯面からは海の香りがし,若干薄塩味が感じられるお湯だ。かけ流しポイントは緑色やオレンジ色に析出分が重なり,透明で薄そうに見えるお湯の本当の濃さを物語っている。湯に浸かるとお湯は適温になっており,ふぅと思わず一息ついてしまう。この日は硫黄泉の連続だったためこの無色透明で柔らかいお湯が自分が大好きなもので,硫黄泉以上に心地よく感じたのだ。浴槽から上がってボーっとしていると体中から汗が噴き出してくる。やはりここは塩化物泉なのだなと改めて感じさせられる瞬間だ。汗を洗い落とし,またお湯に浸かる。ちょっとずつしか貯められていないお湯をザバーっとかけ流すのはちょっともったいないので,静かに静かに体を沈めてみた。結局溢れる量は同じなのだが,浴室に響く音が湯口の音しか聞こえないのがまた良い。
 表通りは車通りがたくさんあり,大規模ホテルが建ち並ぶ温泉街なので活気があって賑やかだが,やはりこういう静かな温泉街も味わいがあって良いものだ。畑下温泉のお湯や雰囲気が気に入ったのでまた栃木に来る機会があったら訪れてみたい。

H19/8/15


  
タイル浴槽にはられるうっすら濁り気味の源泉。美しいです。    湯口にこびりつく成分がお湯の良さを物語る。   かけ流しスポットは苦味成分で染まる。