×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

畑下温泉(Hataori Spa


施設名 青葉の湯
場 所 栃木県那須塩原市下塩原
源泉名 不明
泉 質 ナトリウム-塩化物泉
温 度 pH - 溶存成分総計 -
お湯の様子 無色透明,微石けん味,鉱物臭+金気臭,適温,加水有り,かけ流し
料金 寸志
(200円以上)
営業時間 〜21:30

 塩原温泉郷にある4つの野天風呂のうちの1つ。畑下温泉街の中心部から吊り橋を渡った先にある。吊り橋の上からの箒川渓谷の長めは抜群で,湯上がりなどに橋の上でついついうっとりしてしまいそうになる。一時期お湯が張られていない時期があったらしいが,現在はきれいに改修されお湯をたたえている。

 橋を渡った先から石段,そして木の階段を降りて,脱衣所一体型の屋根付き露天風呂が見えてくる。浴槽のすぐ向こう側に河原の石がごろごろ転がっているといううっとりするような景色だ。ここは吊り橋からも見えないように脱衣所が目隠しの役割をしている。(階段側からは丸見え)
 お湯は無骨なビニールパイプから源泉と水がそれぞれ注がれている。源泉温度が高く(約55℃)ちょうど良い比率で注がせているため適温になっている。湯を口に含んでみると酸っぱいような金気味のような不思議な味(石けんを薄くしたような味)がする。湯面からは金気臭が香るが湯口付近では金属の鉱物臭がする。お湯自体の素性が良いのか体が妙に温まる。川のせせらぎを聞きながらゆったり湯浴みするにはもってこいだ(観光客が通らない限り)。朝一番だったため殆ど人が通らず湯浴みできた。こういう露天風呂はやはりお湯もさながら風情や雰囲気も大事なんだなと改めて実感させられた。管理している人たちに心から感謝したい。

H19/8/15


  
三角の形をしたコンクリート浴槽。すぐ横に河原が見える。    湯口から出るお湯で真っ赤に染まる床。    この吊り橋を渡ったたもとにある。