×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

熱海温泉(Atami Spa


施設名 水口第1共同浴場
場 所 静岡県熱海市水口町
源泉名
泉 質 ナトリウム-塩化物泉?
温 度 pH 溶存成分総計
お湯の様子 無色透明,無味,無臭,熱め,かけ流し
料 金 300円 営業時間 13:00〜21:00  毎週水曜日休業

 水口第2共同浴場に入った後に訪れたのがこの第1浴場だ。第2よりも表通りに面した場所にあるが,看板などが全く無いために,はっきりと場所がわかっている人たち以外は普通に見つけることはできないだろう。今回は関東在住の友人に連れて行ってもらったので無事にたどり着くことができた。しかし…,入り口の扉に男女別の表示がどこにもない。どちらの入り口が男湯なのか…?事前に調査していなかったため男湯入り口がわからなかった。しょうがないので第2共同浴場と同様に右側の扉を選択した。そんなとき後から遅れてやってきた関東在住の友人が一言「そっち女湯です。」危うく痴漢になってしまうところだった。

 第2共同浴場に入った後だったので,脱衣所も浴室もかなり広く感じた。男湯のスペースだけで第2浴場が入ってしまうくらいの広さがある。早速浴室へ入ってみた。浴室の奥にコンクリート浴槽が一つある。こちらの浴室も蛇口を自分の責任でひねって温度調節をする仕組みになっており,熱海温泉らしからぬ塩気の無いお湯が注がれている。くせが無く,あっさりした入りやすいお湯だ。さらりとした浴感のお湯の中で,先客として来ていた地元の方とお話ししながら楽しく湯浴みさせてもらった。地元の人に聞いた話だと,以前はもっと広くて浴槽が2つあったのだが,道路拡張のために浴場が削られ,現在の狭さになったのだという。第2浴場と比べると全然広いと思っていたこの第1浴場にもそんな歴史があったのだなあとしみじみ感じた。
 水口町で管理している2つの素朴な共同浴場。この2つの共同浴場はいつの日かぜったい訪れたいと思っていました。今回の静岡の湯巡りの中でどちらにも訪れることができてとても良かったです。日頃から熱心に管理している地元の方々,そして連れてきてくれた友人にこの場を借りて心から感謝したいと思います。

H22/2/6


  
第2浴場よりは広め。以前はもっと広く浴槽が2つあったという。    蛇口は自分でひねって調節する仕組み。   透き通る透明のお湯が気持ち良いです。