×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下湯原温泉(Shimo Yubara Spa)   


施設名 ひまわり館 露天風呂

 
場 所 岡山県真庭市下湯原
源泉名
泉 質 アルカリ性単純温泉
温 度 39℃ pH - 溶存成分総計
お湯の様子 無色透明、無味、弱温泉臭、やや熱め、つるつる、すべすべ、かけ流し
料 金 500円
真庭市民半額
営業時間 10:00〜22:00

 当初の予定で立ち寄るはずだった下湯原温泉のひまわり館に立ち寄ってみた。湯原温泉よりは南側に位置しているが、ちょっとだけ温泉街から離れた位置にある。広々とした駐車場に車を停め、目の前の施設に入ろうとしたが、そこは土産物屋などが入る物産館で、温泉は左側の別の入り口があった。そこには「ペットの湯」と描かれた看板もあり、ペットが入る温泉もある。受付で券を購入し、いざ入浴施設へ突入だ。

 入浴施設といっても露天風呂があるだけで、内湯などはない。脱衣所からそのまま露天風呂へ行ける仕組みになっていて、風呂にはしっかり屋根がかかっている。広々とした造りで、一度に20人程度は入ることができそうだ。運良くこのタイミングでは貸切状態で入浴できた。男女の仕切方向にある石組みの湯口からお湯が注がれ、浴槽の至る所から溢れている。お湯は無色透明でつるつる感があるお湯だ。湯面からはうっすらと温泉臭が香っている。このお湯、入り心地がすこぶる良く、入っていれば入っているだけツルツルするのだ。これは気持ち良い。しかもそんな開放的な空間を独り占めできるとはなんと贅沢なことか…。すぐ近くの湯原温泉とは違い、こちらはつるつる感が強い。2つの温泉を入り比べるとよくわかるが、この地を訪れた時は変化球的にぜひ立ち寄りたい名湯だろう。

H27/7/30 


  
入り口はひまわり館ではなく、すぐ左横の外にあります。    脱衣所から見えるナイスな景色。開放感抜群です。    こんな広い露天風呂をほぼ独り占めできました。    

  
湯口その1。静かに注がせています。   広いために浴槽内にももう一つの湯口がありました。      露天風呂の縁からどんどん流れていくお湯たち。