羽根沢温泉(Hanesawa Spa      


施設名 共同浴場 
場 所 山形県最上郡鮭川村
源泉名 羽根沢源泉
泉 質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(含食塩重曹泉)
温 度 47.2℃ pH 8.4 溶存成分総計 2,930mg/kg
お湯の様子 無色透明、塩味、アブラ臭、超にゅるにゅる、かけ流し
料 金 200円 営業時間 6:00〜18:00

 山形県新庄市の国道13号から458号へ折れ、そのまま鮭川村役場付近矢口まで国道を進む。そこからは県道へ入り看板通りに進めば行き止まりが羽根沢温泉街。

 羽根沢温泉は温泉採掘とは別目的のボーリングで発見された温泉で、源泉は一本だけ。その1本の羽根沢源泉を旅館と共同浴場で使っている。お湯は東北で1番ぬめる名湯。やや塩味を呈し、十分といえるほどのアブラ臭。そして透明で温めのお湯は天下一品。ここまでの山道を時間をかけてきたことすら忘れさせてくれる。 他の温泉旅館でも同じ源泉を使っているので,ここに入れば十分羽根沢温泉というものを満喫できるであろう。共同浴場を好む人たちには絶対にマストな湯。
 ちなみに1度入浴料金を払えば1日有効なので、無料駐車場でゆっくり休んでまた夕方に入ることもOK。最上郡を通過する場合、遠回りにはなるが立ち寄る価値が十分にある風呂。 

H16/8/12



にゅるにゅるのお湯。共同浴場の王道を行く。    水面の揺れ具合もトロトロの感じを受ける。     湯口は塩ビパイプを利用。静かに注ぎます。