湯倉温泉(Yugura Spa


施設名 共同浴場
場 所 福島県金山町人名字湯倉
源泉名 湯の倉温泉
泉 質 ナトリウム−塩化物泉
温 度 60.6℃ pH 溶存成分総計
お湯の様子 黄土色白濁,金気臭,熱め,混浴,浴槽縁がもこもこ,かけ流し,梅茶湯花
料 金 寸志
(100円以上)
営業時間 原則として7:00〜22:00(24時間)

 福島県金山町にある地元民のための共同浴場。只見川沿いのダムの対岸にあり,湯気が上がっているのでわかる。

 浴室は混浴の内湯が1つで入口こそ男女別に分かれているが中で再びつながっている。 浴槽には鶯色がかった茶褐色濁りでかなり熱めの食塩泉が注がれている。 当然の事ながら奥会津共通の金気臭がする良いお湯で,浴槽の縁には往年の成分の堆積層が年輪を刻んでいる。源泉が浴室奥の方から斜面を下ってくる途中で浴槽に入り込む小さな流路があり,そこへ備え付けの特製タオルで湯の流路を変えて浴槽に注がせる形式。完全手動源泉調整システムである。じゃんじゃん 熱くしたい場合にはそのバイパスを止め,浴槽に50℃以上ある源泉をどんどん注げばよい。このお湯はとにかく濃い。体にびしばし染みこむ。 同じようなお湯は北海道の二股ラジウム温泉で出会ったことがあるが,そのお湯によく似ている。外へかけ流されている捨て湯で石灰華ドームのような丘ができあがっていた。朝一番で入ったため感動の嵐だった。遠いけれどもぜひ再び再訪しようと思う。

H16/8/15


 2年ぶりに再訪です。今回はお湯の色がだいぶ変わっていた。以前もう少し茶褐色黄土色に濁っていたような気がした(右の写真が平成18年8月訪問時,下の左写真が平成16年8月訪問時)が,明らかに薄白濁透明。湯の力強さは相変わらずでしたが何か物足りないような感じがした。湯ノ花は相変わらず梅茶のような湯花が舞っており,温度も強烈に熱めです。金山町にある5つの共同浴場の中で一番力強い源泉であることには変わりなく,ここの評価は変更なしです。個人的に鄙び系共同浴場が好きなものでして…。

H18/8/16再訪


    
混浴浴槽。窓際の下に一直線に走るのが源泉ロード。   石化しかけた雑巾で湯をとめているのがすごい。  源泉が湧出するポイント。ぼこぼこ音を立てている。