青根温泉(Aone Spa


施設名 共同浴場 大湯
場 所 宮城県川崎町青根温泉
源泉名 大湯・新湯・山の湯・蔵王の湯・不忘の湯、
花房の湯・新名号の湯混合泉
泉 質 単純温泉
温 度 52.0℃ pH 8.8 溶存成分総計 848mg/kg
(Na 196.9mg, Ca 28.6mg, SO4 227.8mg, HCO3 244mg)
お湯の様子 無色透明,温泉臭,無味,温め,かけ流し
料 金 150円 営業時間 8:00〜22:00 

平成18年2月末 惜しまれつつ閉鎖。平成20年春,不忘閣の内湯としてリニューアルオープン予定。


 国道457号線青根温泉街の一番蔵王町側にある。老舗旅館と繋がっている造りで,隣にある商店から入浴券を購入して入る。

 脱衣所から浴室に入ってまずびっくりするのが浴室の壁の低さである。脱衣所から入るときに隣の浴室の半分が見えるくらい低い。しかも奥は旅館の通路となっており,時折人が行き来するのが窓越しに見える。女性にとってはちとつらいかも?お湯は無色透明で無味,無臭(若干まったりとした温泉の香りがする)で温めのもの。湯上がりに体がカサカサする。プールのように細長く大きい浴槽にたくさん注がれているのでとてもフレッシュ。お湯は温めでさっぱりしていて夏向きのお湯。青根温泉はどこも統合泉なので,名号湯か大湯のどちらかに入ると十分お湯を味わうことが出来る。

H14/8/12


   
  都合により女湯の映像。お湯はとてもきれい。     湯口からはフレッシュなお湯がどばどば注ぐ。     壁が低い。とにかく低い。女性は辛いです。