青根温泉(Aone Spa


施設名 共同浴場 名号湯
場 所 宮城県川崎町青根温泉
源泉名 大湯・新湯・山の湯・蔵王の湯・不志の湯、
花房の湯・新名号の湯混合泉
泉 質 単純温泉
温 度 52.0℃ pH 8.8 溶存成分総計 848mg/kg
(Na 196.9mg, Ca 28.6mg, SO4 227.8mg, HCO3 244mg)
お湯の様子 無色透明,温泉臭,無味,適温,かけ流し
料 金 150円 営業時間 8:00〜22:00 

平成18年2月末に惜しまれつつも閉鎖。じゃっぽの湯としてその後バトンタッチされ現在に至る。


 青根温泉街のT字路,岡崎旅館湯治棟と名号館の間にあるこぢんまりした公衆浴場。大湯が有名なだけにこちらが目立たない存在となっている。大湯と同じく「日本名湯」という大きな木の看板が目印だ。今まで当HPで紹介が無かったのは「利用したのが随分昔だったこと」と「外観などの写真が全くなかったこと」から掲載を控えていた。今回名号館を訪れたのを機会に昔を忍び,敢えて名号湯をメモリアル記念に掲載することとした。自分が山形に暮らしていた時代,就職試験の勉強のために青根に1週間(車中泊)滞在したときに大湯と名号湯に何度も世話になった。寂しい話だが,それ以来名号湯とは縁がなく,そのまま閉鎖ということになってしまった。今思うと大湯だけでなくもっと名号湯にも足を運んでいれば良かったなと思う。

 名号湯には入口が正面と裏手と2つある。正面からも裏からも同じような脱衣所があり,両側の扉から内湯に進めるようになっている。3人入れば精一杯の広さのタイル浴槽が1つあるだけで,当然シャワーなどは一切無い。浴室と浴槽が狭い分若干熱めのお湯はとろりとした感じがし,ほんのり温泉臭が香っていたように思える。初めて利用したとき,奥の扉が気になってしかたがなかったことを覚えている。大湯もそうなのだが,奥に何か謎のスペースがあるのが自分にとって青根の特徴だった。

 今現在(H20/2/16)名号湯の建物はそのまま残り(写真参照)入口は厳重に封鎖されている。役目を終え,じゃっぽの湯にその座を譲ってもなお「日本名湯」という看板と共に湯小屋があること自体なぜか寂しい気持ちになってくる。これから先,名号湯のように,思い出の中に生きる浴場がこれ以上増えないことを心から祈っている。

H5/6/12