蔵王温泉(Zao Spa   


施設名 上湯共同浴場
場 所 山形県山形市蔵王温泉
<旧源泉名>
源泉名 近江屋3号源泉
泉 質

酸性含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

温 度 48.1℃ pH 1.5 溶存成分総計 3,487mg/kg
(Al 279.9mg, Fe(2)68.5mg, Cl 808.8mg, HSO4 2833mg, SO4 1886mg, H2S 10.3mg)
お湯の様子 無色透明,白い湯花,硫黄臭,酸味,やわらかめ,熱め,かけ流し
<新源泉名>  
源泉名 大湯1号源泉
泉 質

酸性含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

温 度 54.0℃ pH 1.6 溶存成分総計 3,658mg/kg
(Al 144.7mg, Fe(2)14.4mg, Cl 431.5mg, HSO4 1137mg, SO4 1344mg, H2S 13.6mg)
お湯の様子 無色透明,硫黄臭,酸味,やわらかめ,やや熱め適温,かけ流し
料 金 200円 営業時間 6:00〜22:00 (無休)
観光客が少ない期間は番台制。他は料金箱式。

 山形市蔵王温泉街にある3つの共同浴場のうちの一つ。 浴室が3つの共同浴場の中で一番大きい。浴槽も一番大きい。温泉街のメインストリートを一番上まで上がると,中村屋旅館,旅館近江屋があり,その横にある。階段を上がるとそこが共同浴場。

 浴室の中に入ると内湯が1つあり,大きめの浴槽に酸性の蔵王の湯が注がれている。おとなりの旅館からいただいている源泉で,とぷとぷと注がれる様子を眺めているだけで幸せな気分になれる。木で作られた広めの浴室は,洗い場も浴槽も3つの共同浴場の中で一番広い。お湯はやわらかめで,ビリリとするが,体をやさしく包んでくれるような感じがする。日によって白濁していたり,無色透明だったりする。下湯よりはにぎわいが少ないが,いつも人でにぎわっている。広くゆったりしたいならここがオススメである。熱くぴりりとした湯とトドスペースを利用したい場合は川原湯。新しめの施設とにぎわいを求めるなら下湯を選べばよい。 

H18/1/28再訪


広めの浴室,広めの浴槽,そしてトドるスペースも広い。  湯面に合わせた湯口。静かに注ぎ込む。  丘の上にそびえる昔の浴舎


 新しくなって数年経った上湯共同浴場に久しぶりに行ってみた。うっすら白濁したお湯は優しく、以前のような攻撃的な熱さはあまり感じられなかった。浴舎の天井が高く、新しい木の壁や床がとても良い雰囲気を出している。あと数年もすると、木材がかなり鍛えられてさらに良い雰囲気になるだろう。そうそう、いつのまにか源泉がおおみや3号泉から大湯1号泉に変わっていた。蔵王の源泉もだいぶ変化があるんだなとあらためて感じた。 

H24/6/2再訪


こちらが新しくなった浴室。美しいお湯がドバドバ注がれる。  無骨なパイプ湯口から新しくなり立派になりました。    かけ流されるお湯。うっすら白濁している様子がわかります。